写真とコトバの片道書簡


by No-pride

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ひとりごと
パンダネタ
バイクネタ
バモネタ
お仕事
写真

パソネタ
お仕事?
見出しネタ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

つながっているこころ
ha-naで美味しいもの...
歯の噛み合わせは命の源、...

最新のコメント

んなわけねーだろ。 二..
by No-pride at 08:48
あなたもあのヒトみ限った..
by ん at 17:37
ご心配ありがとうございま..
by No-pride at 10:56
無事でお帰りですか? ..
by masumi at 17:23
そうなんですよ。びっくり..
by No-pride at 12:39
こんなに水きれいでしたか..
by masumi at 18:29
さぁ、どうでしょう。うふふ。
by No-pride at 21:00
ありがとうございます。 ..
by No-pride at 11:11
お引越し、おめでとうござ..
by masumi at 15:30
コメントありがとうござい..
by No-pride at 22:26

メモ帳

最新のトラックバック

PRIDE
from いま話題のエンターテイメント..
デトックスとは 簡単デト..
from デトックスとは 簡単デトックス
中央大学付属高等学校
from 中央大学付属高等学校紹介
山陰中央自動車学校
from 山陰中央自動車学校情報
学術情報センター
from 学術情報センター案内
ライオンズマンション仙台
from ライオンズマンション仙台案内
日本中央高速バス
from 日本中央高速バスの案内

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

原発

腹が立つ。
いままで取り上げてきたニュースのほとんどがリンク切れで見れなくなっている。
腹立たしいのでテキストをコピペ。

はてさて、これのいったいどこが想定外なのか。





大津波再来の恐れ、09年に指摘=東電、津波想定に反映せず―審議会で
時事通信 3月27日(日)17時57分配信

 想定を大幅に上回る津波に襲われた東京電力福島第1原発について、津波の専門家が2009年、原発の耐震安全性を検討する経済産業省の審議会の席上、東北地方に大津波をもたらした869年の「貞観地震」(マグニチュード8.4と推定)に触れ、同規模以上の津波再来の可能性について指摘していたことが27日、分かった。東電側は「歴史上の地震で、耐震設計上考慮する地震にならない」と述べ、指摘は反映されなかった。
 指摘したのは、産業技術総合研究所の岡村行信活断層研究センター長(地質学)。岡村さんは、史料に津波被害の記録が残る貞観地震について研究。福島第1、第2原発の敷地付近を含め、内陸部に津波で運ばれた砂が堆積していることや、450~800年周期で津波が起きたことなどを明らかにしてきた。
 岡村さんは、09年6月に開かれた経産省の審議会で、福島原発について貞観地震の知見から「津波に関しては(東電の想定する地震と)比べものにならない非常にでかいものがくる」と指摘。「まったく触れられていないのはおかしい」と再検討を求めた。しかし、東電側は「被害がそれほど見当たらない。歴史上の地震であり、研究では課題として捉えるべきだが、設計上考慮する地震にならない」と答え、消極的な姿勢を示した。
 翌7月の審議会でも、岡村さんは04年のスマトラ沖地震などに触れ、今回の地震のように複数の震源域が同時に動く連動型地震の危険性を指摘したが、東電側は「引き続き検討を進める」と述べるにとどまった。 

以上、コピペ。

アホとしか言いようがない。

そうは言っても、僕の働いている会社も計算上設置不可の高さの建物にも
「俺がいいって言ってんだからつべこべ言うな。」
「どうぜ飛ぶときには俺は定年してるから。」
という観点で太陽電池つけてんだけどね。

まぁ、太陽電池飛んでいっても放射性物質よりたちは悪くないからまぁいいか?
[PR]
by no-pride | 2011-03-29 22:33 | ひとりごと | Comments(0)

3月24日の夢(2)

結局、その女の子の声が原因で敵に見つかってしまった。



現れたのは白いハンチングをかぶった少し小柄な男性だった。

男性と書いたが、それは肉体的構造は人間なのだが、魂だとか心とかいった部分がまったく別の、それこそ何人人を殺しても平気なエイリアンだった。

女の子を殺そうとするエイリアンに体当たりをしてそれを妨害すると、別の白い服を着たエイリアンが現れた。身体能力ではエイリアンには絶対かなわない。対峙してすぐにわかった。

「おまえはとんでもないことをしてくれたなぁ、罰としてお前は電気コードを体に巻きつけて自分でプラグをコンセントに差込み、感電で自殺してもらおう。」

僕は体に電気コードを巻き、そして、覚悟をきめプラグを差し込もうとした。
思わず叫び声をあげていた。

ところが、コンセントの大きさとプラグの大きさが違って、何度やっても差し込めない。

とっさに傍らに立っていた白い服を着たエイリアンの頭をおさえつけて顔をコンセントに押し付け、半分ささったプラグと眼球を感電させ、エイリアンを殺した。

仲間が殺されたせいか、白いハンチングのエイリアンは半ば白痴のように立っていたので、廊下の窓から突き落として殺した。廊下には他にもエイリアンがいたが同じように窓から突き落として殺した。さすがのエイリアンもこの高さから落とされてはひとたまりもないようだ。

僕はひとりで逃げた。ゆるやかに右に曲がってる坂道くだると道沿いに川が流れていて傍らに小さな家があって、そこに逃げ込んだ。
ふいに、なぜか、ぽんという感じで赤くぬられた折りたたみ式の非常用スコップが10本ほど赤い袋につつまれてあらわれた。スコップといっても側面が鉈みたいになっている奴だ。

窓から赤い服を着たエイリアンがこちらをのぞいている。その顔はまるで、爬虫類のようだった。同じようにスコップを持っている。
人間と同じ肉体構造をしているのなら、このスコップで頚動脈をきりつければ殺せるかもしれない。

左手に持ったスコップで防御しながら、右手のスコップで敵を打ち付ける。互いにかすり傷を負いながらも、スコップを打ち付けあい、そして、僕のスコップがエイリアンののど元につきささる。
気管を貫く手ごたえがあった。エイリアンは血を噴出して死んだ。

部屋に目をもどすと、旧式のブラウン管テレビでドキュメンタリーのような番組がながれている。
今回のこの混乱は、実は世界を牛耳る秘密結社の会議で一人のメンバーが急死してしまったため、権力争いのバランスが崩れ、その場でそくメンバー同士の殺し合いが始まってしまったのが原因だったという内容だった。
なぜ、そのような殺し合いがこの混乱をまきおこしたのか、もっとテレビを見ていたかったのだが
早く逃げなくてはならない。
ぼくはテレビをつけっぱなしで、さっき来た道をもう一度にげだす…。

とまぁ。こんな夢でした。
[PR]
by no-pride | 2011-03-27 14:58 | | Comments(0)

3月24日の夢

場所は嘉手納。
僕は学校のような施設の敷地内に居る。何か非常事態が起きたようだ。たくさんの人がどこへともなく避難している。米軍の大型輸送機が着陸態勢に入っているのが見える。
いつのまにかたくさんの米兵が警備をしている。

僕は警備の目をかいくぐって建物の中に入り階段を登ろうとする。同じように階段を登ろうとする人が数人いた。階段の構造が変わっており、上に登れなくなってしまっている。
黒人の少年が壁際のスイッチを見つけ、そのスイッチを入れると電動のルーバーが開閉するのでそれをよじ登れば上にいけそうだ。

最上階まで登り、あたりを警戒しながら建物の奥へと向かう。
誰か人の気配がする!
一瞬緊張がはしるが、取り残された掃除のおばちゃんだった。
おばちゃんとともに一番奥の部屋にたどり着く。

しかし、その部屋も外からは丸見えで窓より低い姿勢を保たねば外から見つかってしまう。

数日、みな床に伏せて過ごした。緊張からかハイティーンぐらいの女の子が幼児退行したかのように宿題をやらなきゃと言い出す。たしかにこの建物は小学校のようで、国語の問題周なんかがちらばっている。

つづく。
[PR]
by no-pride | 2011-03-24 07:40 | | Comments(0)

原発 意味不明

意味不明な記事を発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000517-san-soci

今回の地震とその原発危険性に関してやたらと「チェーンメールに気を付けて」とか、「不確か情報に惑わされないで」とかゆう記事を見かける。

なにをそんなに隠したがっているのか。何故そんなに隠したがるのか。
もっとたくさんの人間に死んでほしいかの?

さて冒頭の記事とこちらのブログ
http://kurobe-shin.no-blog.jp/bk/
どちらが理路整然と真実をのべているだろうか?

なんかの踏絵なんですかね?

おっと、わすれてた。ブログの方は森さんの あわじ農事日誌に紹介されていたものです。
[PR]
by no-pride | 2011-03-18 01:31 | ひとりごと | Comments(0)

原発

今日の昼間、福島第一原発で中性子が検出されたというニュースが流れた。
中性子が検出されたということは臨界事故がおきたということだ。
にもかかわらず発表されるニュースは「直ちに健康に被害を及ぼす量ではありません。」と繰り返すばかり。

まったく、物はいいようだ。「直ちに健康を害するものではない。」かもしれないが「将来的に健康を害する可能性も無い」わけではない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3
ウィキペディアより。

直ちに健康に被害をもたらさない、というのは上記記事で言うところの確定的影響を及ぼさないということだ。しかし、放射線を浴びることの一番の問題は発ガンする確立が高くなるということだ。

しかし、ガンは食生活などほかにも要因はたくさんある。だから、将来的にガンが多発したとしても東京電力と国は直接因果関係が証明されないかぎり責任をとる、もしくは過ちをみとめることはしないだろう。

そして、今現在も、確率的にガンが多発することはわかっていても直接証明できないことをわかっていて、「安全です。」とうそぶいている。
[PR]
by no-pride | 2011-03-17 00:25 | ひとりごと | Comments(0)

原発事故

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00496.htm

読売新聞より「安全のはずが命がけ…怒る自衛隊・防衛省」

原発を作るときについた嘘を、結局言い続けるしかないのだろう。

地域住民をはじめ、国民に正確な情報を伝えない問うことを100万歩ゆずってやってもだ、
現場で働いている人間に正確な情報を伝えないのは許せない。

東京電力と原発推進派(東芝と三菱、あと日立もかな?)は原発の火を絶やすよりも多少の犠牲は致し方ないと思っているに違いない。
[PR]
by no-pride | 2011-03-15 23:09 | ひとりごと | Comments(0)

原発事故

いまなにがおきているか、被災地のでの美談やら何やらに目を奪われず、冷静に見ていたい。

インプロ沖縄の渡辺さんから送ってもらったサイト。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110314k0000e040078000c.html



毎日新聞から。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110314k0000e040078000c.html
[PR]
by no-pride | 2011-03-15 01:50 | ひとりごと | Comments(0)

原発

産経新聞の記事より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000502-san-soci


「東京電力は、1号機の圧力容器内に海水を満たして燃料を安全に冷却し、万が一のことがあっても再臨界が起きないようにホウ酸を混ぜることにした。
 沸騰水型の原子炉圧力容器内にホウ酸を溶かした海水を入れると、再び発電に用いることは不可能だ。東電は、ウラン燃料の炉心溶融を起こした1号機の廃炉を覚悟したとみられる。」

ということはだ、これまでの処置はすべて原発を修理して使うことが前提であったということだ。冷却水が損失した時点で、海水の注入をしていれば、炉心溶融とその後の水素爆発、そして大量の放射性物質の流出は防げたはずだ。

たとえ電力事業者として電力を供給する義務があったとしても、東京電力は地域住民の命、作業員の命よりも自分達の資産を重視したと考えざるを得ない。


こちらは読売の記事「被爆から身をまもるには…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000667-yom-sci

やはり、ヨウ素を摂取するぐらいしかないようです。
[PR]
by no-pride | 2011-03-13 04:26 | ひとりごと | Comments(0)

原発事故

原発事故、おきてしまいましたね。
昨日、原発の非常用発電機が故障しているというニュースを耳にした時から想像していた状況になってしまいました。
ウィキペディアの「炉心溶解」のページが昨日見たときはもっと詳しく書いてあったような気がするのですが、今日見るとあまり詳しいことが書かれていません。

炉心溶融が起きると、溶融した高温の金属が冷却水の中に落ちると急激に冷却水が沸騰し、水蒸気爆発を起こすこと、また、溶融した金属は元素名はわすれたが水から酸素を奪って水素を発生すること、そのため水素が爆発する可能性が高い。といったことが書かれていたような気がします。
また、放射性同位体として検出されたというセシウムも常温で水と反応しこれまた水素を発生するそうです。

ですから、今回の爆発は水素による爆発の可能性が高いように思われます。一部ブログでは一度は緊急停止したのでチェルノブイリのときとは違うので安全妥当言うようなことを書いているのを見たのですが、僕にはとても槽とは思えません。

さて、起きてしまった原発事故ですがネットで対策を探してみても、外出しないとか、埃を吸わないように濡れたタオルで口をふさぐとかそんな対策のほか、ヨウ素をたくさん摂取するとかしか見つかりませんでした。

そんな乏しい情報をこんな辺鄙なブログに書くことが意味のあることかどうかははなはだぎもんですが、せめて、自分にできることとして、書き込んでおります。

ヨウ素はトロロコンブに多く含まれているそうです。みなさん。コンブをたべましょう。

そういえば、千葉は世界一のヨウ素の産出地だったような…。
[PR]
by no-pride | 2011-03-12 21:31 | ひとりごと | Comments(0)

無題

沖縄は無事です。
[PR]
by no-pride | 2011-03-12 07:47 | ひとりごと | Comments(0)