写真とコトバの片道書簡


by No-pride

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ひとりごと
パンダネタ
バイクネタ
バモネタ
お仕事
写真

パソネタ
お仕事?
見出しネタ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

つながっているこころ
ha-naで美味しいもの...
歯の噛み合わせは命の源、...

最新のコメント

んなわけねーだろ。 二..
by No-pride at 08:48
あなたもあのヒトみ限った..
by ん at 17:37
ご心配ありがとうございま..
by No-pride at 10:56
無事でお帰りですか? ..
by masumi at 17:23
そうなんですよ。びっくり..
by No-pride at 12:39
こんなに水きれいでしたか..
by masumi at 18:29
さぁ、どうでしょう。うふふ。
by No-pride at 21:00
ありがとうございます。 ..
by No-pride at 11:11
お引越し、おめでとうござ..
by masumi at 15:30
コメントありがとうござい..
by No-pride at 22:26

メモ帳

最新のトラックバック

PRIDE
from いま話題のエンターテイメント..
デトックスとは 簡単デト..
from デトックスとは 簡単デトックス
中央大学付属高等学校
from 中央大学付属高等学校紹介
山陰中央自動車学校
from 山陰中央自動車学校情報
学術情報センター
from 学術情報センター案内
ライオンズマンション仙台
from ライオンズマンション仙台案内
日本中央高速バス
from 日本中央高速バスの案内

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かわいいという価値観(2)

以前、テレビのニュースで見たのだが最近は欧米で日本のギャルファッションがはやっているらしい。もちろん、そのキーワードは「かわいい」だ。そのニュース番組の解説では欧米では子供服と成人向けの服しかなく、その中間のファッションとしてニッチであるハイティーンの心を掴んだ、ということらしい。

今の日本、いや、今に限ったことではないが、日本では女性は若い方がいいという価値観があるように思えてならない。もちろん、今も昔も日本は男社会でこれは男から見た目の価値観だ。そのせいか、対象となる女性の中では子供以上大人未満の「かわいい」という年代が出来上がるのである。一方、他者からの外力によって作られたこの年代内には反力が生ずる。それが「何がかわいいかを決めるのは私達だ」という主張である。その反発こそオトコ・コドモ・オトナが立ち入ることを許さない原動であろう。このように「かわいい」という価値観は堅固な外壁があり他の価値観などまったくお構い無しになるのだ。
たとえば公衆の面前で化粧をすることを彼女達は恥ずかしいとは思わない。「かわいくありたい」という気持ちと「恥ずかしい」という気持ちのどちらが強いかという優劣ですらない。かわいければそれでいいのだ。
しかしながら、単一の性別で特定の年代内だけで価値観を共有しようとすると個の主張をすることは難しくなる。ある程度はファッションのカテゴライズで衝突を避けることができるが所詮それもより狭い範囲での価値観の共有を求めることでしかない。そして、その個の主張とは「同じように見えるけどちょっと違う」というこだわりでおわってしまうのだ。
「かわいい」を求める年代であり続けられるのだればいいのだが、そうでなくなったとき、自分の個を持っていないとさまざまな困難を乗り越えられないのではないのであろうか。いつまでも「かわいい」ではいられない。いつかは「かっこいい」を目指さなければならない思うのだが…。


ワタクシの場合、モデル事務所に所属させていただいておりますので、かわいい女の子はたくさん見ております。しかし残念ながら、多くの場合が「かわいい」で終わってしまいます。本当に長く続けていられるモデルさんは「かわいい」から「きれい」への変換を求められます。このときに必ず直面するのが個性つまり「自分らしさ」とは何かということです。これはもしかしたら決して答えの出ない問いかもしれません。でも、いつか価値観の共有から離れなければならいないのです。

途中から文体が変わってしまいました。まぁ、小難しそうに書きましたが、要はこういうことです。


今の日本、女は馬鹿なほうがかわいいと思っている馬鹿な男が多く、女も馬鹿なフリしているほうがかわいく見られると思って、馬鹿なフリをし続ける。これじぁ、かっこいい大人の女性なんて現れないよね、って話です。
[PR]
by no-pride | 2009-12-31 15:02 | ひとりごと | Comments(2)

12月30日の夢

場所は最初、沖縄だと思ったんだけど、風景なんかは東京っぽかった。
北西から東へ流れている大きな川の北側の河川敷に建っている白い木造アパートに僕は住んでいて、東京へ遊びに行ったmayufuruさんの追いかけてバイクで遊びに行こうとしている。(このあたりから場所が東京から松本へ行くようにと変わっているように感じる。)10年以上ほっぱらかしておいたバイク用のブーツの紐が直射日光で劣化して途中から切れてしまって履けなくなってしまった。
「あちゃ~、代わりのひもでも探すか…。」と思っていると、南の対岸から低空飛行で箱型の双発レシプロ機が飛んできた。胴体には車輪ではなくヘリコプターのような「そり」がついている。どうやら河に不時着しようとしているらしいが、河を横切る方向でとんでいるのであっという間に河を飛び越してしまった。
今度は空中でUターンし、まっすぐこちらに飛んでくる!
あわてて逃げ出そうとするとその飛行機は建物のと建物の間ではなく隣りの高層団地向かっていくではないか!
「ぶつかる!」とおもったら、飛行機からフォークリフトのつめみたいなものがでていて、その建物の1戸ぶんを真四角にきれいにくりぬいて止まった。
「なんじゃい!その建物は。鉄骨はどうなっているだ?」とおもっていたら、今度は南東から4発のジェット機が急激に高度を落としながら飛んできた。垂直尾翼のカラーリングからするとTDA(JAS?)のようだ。
上空を通過した後急上昇を始めるがエンジンから真っ黒い煙がまっすぐに伸びている。
こんなに短時間に複数の飛行機が事故を起こすなんて大気中の磁気をだれかが狂わしているんだなと思う。
機首を上に向けた後バランスを崩し、ゆっくりと右の主翼から遠くの街並みの中に墜落していった…。

とまぁこんな夢でした。
[PR]
by no-pride | 2009-12-30 09:23 | | Comments(0)

「かわいい」という価値観

先日、mayufuruさんを誘拐して、ミュゼット&シャンソンのコンサートに行ってきた。
で、二人で思ったのが、ボーカルの女性がかっこいい!ってこと。(もちろん、ミュゼット・ギター・ピアノの男性人もかっこよかったのですが。)
この女性の何がかっこよかったって、見ていて、そして、歌を聴いていて彼女の「嘘偽りも無くわたしはわたしよ!」という生き様が感じ取れたことです。そこにあるの大人の女性としてのかっこよさとでも言えばいいでしょうか。

一方、今の日本の女の子はみんな「かわいい」を目指している。(ように思われる。)そして、そこには自分自身をかわいく見せる、ということだけではなく、いろいろなものを「かわいい」と表現することによって、自分以外の価値観を共有してほしいと願う仲間達との価値観の共有を確認し有って安心しあおうとしているように見える。

おそらく「かわいい」を共有したい仲間にはワタクシのようなオヤジはもちろんのことオトコやオバサン、コドモは含まれてはいない。というかオヤジ・オバサン・コドモを排除することからスタートしている。(ような気がする。)
つまり、基本的に「排除する」性格を帯びた価値観であるから常に「これってかわいいよね?」という確認の作業が延々と繰り返されていくのである。
[PR]
by no-pride | 2009-12-14 22:27 | ひとりごと | Comments(2)

甘えることとあまえさせること、甘やかすこと。(3)

以前の記事で甘える側と甘えさせる側の立場が逆転することもあると書きましたが、意見を翻させていただきます。確かに男女間では逆転することもありましょうが、親子関係ではその立場は逆転することが無いのでしょう。

100%の信頼を持って甘えてくる存在を受け止めることによって、大人は「親」になっていくのでしょう。l子供のいないワタクシがこんなえらそうなこというのもなんですが…。

で、本来ならば甘えさせるという体験をせねばならないタイミングに達した人間が、甘えてくる存在がいなかったときに、ゆがんだ「甘えられたい」という感情がストーカーになるのかもしれません。

案外、ストーカー気質に人間にペットを飼わせることはその意味で有効かもしれませんね。


(と、何事も無かったかのように再開。心配してくださった方々。申し訳ございませんでした。)
[PR]
by no-pride | 2009-12-11 23:45 | ひとりごと | Comments(2)