写真とコトバの片道書簡


by No-pride

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
ひとりごと
パンダネタ
バイクネタ
バモネタ
お仕事
写真

パソネタ
お仕事?
見出しネタ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

つながっているこころ
ha-naで美味しいもの...
歯の噛み合わせは命の源、...

最新のコメント

んなわけねーだろ。 二..
by No-pride at 08:48
あなたもあのヒトみ限った..
by ん at 17:37
ご心配ありがとうございま..
by No-pride at 10:56
無事でお帰りですか? ..
by masumi at 17:23
そうなんですよ。びっくり..
by No-pride at 12:39
こんなに水きれいでしたか..
by masumi at 18:29
さぁ、どうでしょう。うふふ。
by No-pride at 21:00
ありがとうございます。 ..
by No-pride at 11:11
お引越し、おめでとうござ..
by masumi at 15:30
コメントありがとうござい..
by No-pride at 22:26

メモ帳

最新のトラックバック

PRIDE
from いま話題のエンターテイメント..
デトックスとは 簡単デト..
from デトックスとは 簡単デトックス
中央大学付属高等学校
from 中央大学付属高等学校紹介
山陰中央自動車学校
from 山陰中央自動車学校情報
学術情報センター
from 学術情報センター案内
ライオンズマンション仙台
from ライオンズマンション仙台案内
日本中央高速バス
from 日本中央高速バスの案内

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

甘えることとあまえさせること、甘やかすこと。(2)

さて、前回甘えさせたいという欲望について考えてみたわけですが、甘えさせたい欲望と相手を思いやる気持ちの不足が巻き起こす事態が「おせっかい」ではないでしょうか。

ワタクシ自身、事務所のレッスンの時など、教えたくってしょうがないのですが、これもある意味「おせっかい」でしょう。

で、この、おせっかいが極端になってしまったのがいわゆるストーカーなのではないでしょうか。

いまの世の中いろんなひずみがありますが、ストーカーというのは実は甘えたい気持ちと甘えさせたい気持ちがうまくかみ合わずに育てられてきた人間達のこころのひずみが生み出しているのかもしれません。
[PR]
by no-pride | 2009-11-21 01:02 | ひとりごと | Comments(1)

レンズ越し(2)

今日、仕事をしながら気がついた。

普段のワタクシ、一言でいって、「だらしがない。」

シャツはヨレヨレ、頭はぼさぼさ、椅子の上で胡坐をかいて、ハナクソほじりながら仕事をしている…。

これじゃぁ、カッコいいとかうんぬんかんぬんする以前の問題だよ…。
[PR]
by no-pride | 2009-11-19 19:50 | ひとりごと | Comments(4)

レンズ越し

今日は事務所のレッスンでした。
レッスンのときに同じ市民劇に参加した血の繋がらない双子の中学生、ノーナーとアームーから、「No-Prideさん、DVD見ましたよ~。眼鏡似合っていてちょ~カッコよかったです~。」とおほめの言葉を頂戴した。

まぁ、うれしいんだけどね。

眼鏡かけているワタクシを本番どころか稽古の時も見てるでしょ。なぜそのときにほめてくれない?



ワタクシ、直接会ってみても全然かっこ良くないらしい。(自覚あり。)
でも、レンズ越しに見るとなぜかかっこよくなっている。何故でしょう?

半年ほど前にカラオケのバックに流れる映像の撮影があって、内地から撮影スタッフが来て沖縄で撮影したんだけど、当日、朝一集合だったのだけれども、ワタクシの出番は午後遅くになってしまったときがあった。
ワタクシのシーンをとり終わったらプロデューサーの方が「いや~No-Pride君かっこいいねぇ。」と声をかけてくれた。
さっきまで一日中一緒にいたのにそのときは何もいわなかったのに、レンズ越しにワタクシを見て急に声をかけてきたのである。

レンズ越しにしか現れないワタクシのカッコよさって、一体…。
[PR]
by no-pride | 2009-11-18 23:59 | ひとりごと | Comments(1)

ちょ~しに乗って

3年前にまゆみさんにとってもらって年賀状にした写真。
f0127610_214532100.jpg

[PR]
by no-pride | 2009-11-17 21:45 | ひとりごと | Comments(2)

甘えることとあまえさせること、甘やかすこと。

長いこと一人でいると、
いや、かっこつけずに言えば、子供も結婚相手もいない日々をすごしていると確かに人間関係に対してある種の飢えを感じるようになる。

感覚としては「飢え」とうい表現が適切なように思えるのだけれども、そこにあるのは自分の中の足りない部分を誰かに埋めてほしいというよりはむしろ、自分の中の余剰な部分を誰かに受け止めてほしいという「飢え」だ。

それはつまり、「甘えさせたい」という飢えであり、「甘えてほしい」という飢えだ。



人が人に求めるの「甘えたい」という気持ちだけではない。甘えたい気持ちがあるように甘えられたいという気持ちもあるのだ。

何か今の世の中って「甘えるな」、「甘えちゃいけない」っていう風にしつけられがちだけど、そうした場合、「甘えたい」本人のみならず、甘えてほしいという相手の気持ちも行き場を失ってしまうのである。
[PR]
by no-pride | 2009-11-16 23:41 | ひとりごと | Comments(6)

いまさらですが…

いささか、いまさら感がありますが…。
9月の舞台のDVDをもらった。

前の記事にも書いた舞台ってどう見られているかがわからないという部分が確認できました。

なんか、やっぱり、思っていた通りだった。失敗したところも、うまくできた所も。

そして、やっぱり、ワタクシかっこいいなぁ。眼鏡似合うよ。

でも、少し姿勢が悪いのと声がちょっとかすれ気味で聞き取りづらいのが反省点ですね。

それにしても、ワタクシのかっこよさが一番発揮できる「舞台」はどこなのでしょう。
[PR]
by no-pride | 2009-11-15 23:58 | お仕事 | Comments(4)

通夜。

昨日、ある人の通夜にいってきた。
出会ってから6年以上経つが、直接会ったのは十回にも満たないだろう。
それでもその一回一回がそれなりに濃い時間であったので、「知り合い」以上に、かわいがってもらっているという感覚であった。

訃報を知らせてくれた人から聞いてはじめて知ったのだが、その人はワタクシがいない所でも、しばしば、ワタクシのこと「もっと年が近ければたぶん、親友になれたはず。」といってくれていたそうだ。


親類の方たちであろう方に混じって線香を上げてきた。

直接会う機会が少なかったからだろうか他の人より手を合わせている時間が長かったような気がする。

すると、やがて、その人がまるで記念撮影でもするかのように、笑顔で僕と肩を組んでいる気配がした。


ブログでね、こんな人の死を取り上げるのはどうかとも思ったけど、先日の守護霊事件のこともあって、やっぱり伝えたかった。

本当に、出会えてよかったと思います。
そして、私を発見してくれて、本当に、ホントに、ありがとうございます。

私はあなたが亡くなっても泣きません。なんか、ないてしまうのは卑怯なような気がするので。
たぶん、あなたも私にないてほしいなんて思っていないはず。
泣くよりも他にやることがあるはずですから。
あなたが「親友になれる」と思って下さった部分であろう、ワタクシらしさ、ワタクシはそのワタクシらしさを貫いていきたいと思います。
[PR]
by no-pride | 2009-11-10 01:07 | ひとりごと | Comments(0)

ファッションショー

昨日は沖縄で一番権威のある(?)ファッションショーに出演させていただきました。

ブロックリハ最中のキャロのバックショット。

f0127610_14491678.jpg



客入り後も緞帳の裏側で打ち合わせをする出演者


f0127610_14511677.jpg


おまけ、メタリックな質感がたまらない…。

f0127610_14521558.jpg



今回のショーも、…
失敗しました。
最後のフィナーレでみんなで並んで挨拶するときにひとりだけあせって2度も挨拶してしまった…。
せっかく1部で他のメンズの失敗をフォローしたのに…。
[PR]
by no-pride | 2009-11-08 14:54 | お仕事 | Comments(2)

優しさ、あるいは思いやりについて。(4)

いままで、あまり自覚していなかったのですが、ワタクシ、聞き上手なのでしょうか。

具体例を挙げてしまうと他者とのかかわりのをワタクシが一方的に暴露してしまうことになるので、伝えにくいことなのですが。

もしかしたら、それがワタクシの持っている優しさなのかもしれません。
[PR]
by no-pride | 2009-11-08 14:28 | ひとりごと | Comments(0)

優しさ、あるいは思いやりについて。(3)

石玉さんのコメントへの回答の続きとして…。

ワタクシの好きなミュージシャンのZABADAKといバンドの曲の歌詞で
「わたしが思うわたしなどどこにもいやしないのだから…」
というのがあります。
なるほど、うそをついて騙している自分も、騙されている自分のどちらも存在していないのかもしれません。
では、なにが存在しているのでしょうか。

もしかしたら、石玉さんの思うワタクシ、まゆみさんの思うワタクシ、くうきじんさんの思うワタクシ、MAYOさんの思うワタクシ、龍さんの思うワタクシが存在していて、多面的な「ワタクシ」を作り上げているのかもしれません。つまり、ワタクシがワタクシとして存在しているのはワタクシの存在を認めてくれている皆様のおかげかと…。

目の粗い織物を想像してみましょう。さまざまな色に染め抜かれた縦糸と横糸があります。
そして縦糸と横糸を美しい模様を描き出しています。
われわれ人間の存在とは縦糸と横糸の間に挟まれた「間」でしかないのかもしれません。
そして色とりどりの糸に囲まれた無数の「間」たちが鮮やかな模様を浮かび上がらせる…。

さて、われわれの織り成す模様はどんな模様でしょう?
そして、その模様を眺めるのは一体誰でしょう?
[PR]
by no-pride | 2009-11-02 23:43 | ひとりごと | Comments(4)