写真とコトバの片道書簡


by No-pride

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ひとりごと
パンダネタ
バイクネタ
バモネタ
お仕事
写真

パソネタ
お仕事?
見出しネタ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

つながっているこころ
ha-naで美味しいもの...
歯の噛み合わせは命の源、...

最新のコメント

んなわけねーだろ。 二..
by No-pride at 08:48
あなたもあのヒトみ限った..
by ん at 17:37
ご心配ありがとうございま..
by No-pride at 10:56
無事でお帰りですか? ..
by masumi at 17:23
そうなんですよ。びっくり..
by No-pride at 12:39
こんなに水きれいでしたか..
by masumi at 18:29
さぁ、どうでしょう。うふふ。
by No-pride at 21:00
ありがとうございます。 ..
by No-pride at 11:11
お引越し、おめでとうござ..
by masumi at 15:30
コメントありがとうござい..
by No-pride at 22:26

メモ帳

最新のトラックバック

PRIDE
from いま話題のエンターテイメント..
デトックスとは 簡単デト..
from デトックスとは 簡単デトックス
中央大学付属高等学校
from 中央大学付属高等学校紹介
山陰中央自動車学校
from 山陰中央自動車学校情報
学術情報センター
from 学術情報センター案内
ライオンズマンション仙台
from ライオンズマンション仙台案内
日本中央高速バス
from 日本中央高速バスの案内

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あなたが人を殺さない理由はなんですか?(3)

不慣れなせいか話が思った方向に行かないですね。
さてさて、法律と良心ですが、法律が国によって違うことはすぐご理解いただけると思います。
で、良心ですが、あなたの良心はどのようにして形成されたでしょうか?
おそらく大部分が両親のしつけだと思います。いや、ダジャレじゃなく。
両親のしつけを受けたあと、幼稚園だとか、教室だとかで両親以外のひとからも何らかのしつけによって良心は形成されていくように思われます。
しつけ=外部からのちからと考えた場合、この外部とは「社会」という言葉にも置き換えられますね。つまり、法律だけでなくあなたの良心自体実はローカルなものといえるでしょう。

ところが、この「社会」というものは実はその構成員である個々人幸せにする野が目的ではなく、個人を「社会」と同じ価値観を持った構成員に仕立て上げる強制力をもっているのです。つまりあなたの良心はあなたのためでなく「社会」のための良心なのです。


ではそんな社会の呪縛から逃れた善悪の判断はどうなるのでしょうか?
これはもう毎日、自問自答の連続です。ワタクシはただしいのか?間違っているのか?


そうしてみるとおのずと答えが出てきます。
自問自答とは結局自分の魂に問い掛けるということではないでしょうか。
ワタクシの良心、それは魂との対話にほかなりません。


それではひとつワタクシの魂に聞いてみましょう。
「お酒を飲むことは悪いことでしょうか?」


……


えー、どうもう酔いつぶれているみたいなので又今度シラフのときに聞いてみたいと思います。
[PR]
by no-pride | 2008-10-27 20:18 | ひとりごと | Comments(0)

あなたが人を殺さない理由はなんですか(2)

はなしが中断しました。

さてさて、良心というもの実はあいまいなものだと思ってもう一度考えてみましょう、
あなたが人を殺さない理由はなんですか?
死刑が怖いから?
罪を犯したら家族や身の回りの人間に迷惑がかかるから?
自分の存在を認めさせるためには相手の存在も認めるから?


さて、みなさんどうでしょう?


わたくしですか?
う~ん、人を殺したくなるほどの思い入れを人に対して持たないからでしょうか。
(これだけが全部じゃないけどね)
[PR]
by no-pride | 2008-10-23 21:39 | ひとりごと | Comments(0)

いらっしゃいませ

本日飛躍的に来場者が増えております。
みなさんダジャレがおすきなようで。
[PR]
by no-pride | 2008-10-20 22:47 | ひとりごと | Comments(0)

あなたが人を殺さない理由は何ですか?

あなたが人を殺さない理由は何ですか?
あなたがどろぼうをしない理由は何ですか?

ワタクシたち人間は日々行動する中で「やりたいこと」のなかから「やっていいこと」と「やってはいけないこと」を選択しながらいろいろな決定をしていますよね。
さてこの「やっていいこと」と「やってはいけないこと」の尺度とはなんでしょう?

法律で決められているからと答える方もいるでしょう、
良心と答える方もいらっしゃるでしょう。

でも法律なんて国ごとにちがうし、良心なんて人ごとにちがう。
そうおもうと当たり前のこととしておもっている「やっていいこと悪いこと」が実はものすごいうやむやなことだとおもいませか。
[PR]
by no-pride | 2008-10-19 22:20 | ひとりごと | Comments(0)

うちわ話

ここ数日 変な天気が続いている。

朝から夕立のような雷雨だったり
はれたと思ったら急に霧雨が降りだしたり

こういう天気のときってつい思ってしまう。

山ノ神様が怒ったか
それとも龍神様のお怒りか。

あぁ~ぁ、また降り出したよ。
[PR]
by no-pride | 2008-10-18 21:44 | ひとりごと | Comments(0)

はっぱ

大相撲やら枷体臭やらまた大麻の話題が出てきていますね。

そんな大麻のことを取り上げてからいうのもなんですが、
ワタクシ、大麻やドラッグが大嫌いであります。
見るのも聞くのもいや。生理的嫌悪感というのはこういうこというのか?
映画でもドラッグの描写がでてきたらもう見ていられません。

なにが嫌って、人を中毒にさせることによってお金をもうけようとしている人がいることが許せない。他人の犠牲の上に成り立つのであれば戦争で人を殺す事のほうがまだマシに思える。

世の中にはマリファナ擁護派なんて人もいるみたいだけどそんな人たちの根拠って
売人のセールストークの受け売りにしか聞こえない。

半ば絶望しきったこの世の中で、生きているのも悪くないなと思えることのひとつが
何かの拍子に、人の心の凛としたたたずまいを垣間見た瞬間です。

そこを目指すのであれば、薬物の効用を語るなど恥の上塗りでしかないでしょうに。
[PR]
by no-pride | 2008-10-13 01:51 | ひとりごと | Comments(0)